TOP INFO PROFILE GALLERY CONTACT

福良 雀


Fukura Suzume
Illustrations Gallery
| CALENDAR | LATEST ENTRY | ARCHIVE | CATEGORY | COMMENT | PROFILE | OTHERS |
忌野清志郎 R&RショーLove&Peace 2013
2013清志郎R&Rショー正面

2013年5月2(木)日武道館。17時開場18時開演。今年も豪華出演者多数。
席はアリーナの真ん中、しかも結構前の方と、かなり良い席。
T子さん、いつもありがとう(;∀;)

初登場かつ目玉&大物としては、坂本龍一、佐野元春、
サム・ムーア、ムッシュかまやつ、あたりでしょうか。

私の個人的ベスト5アクトは及川光博、佐藤タイジ&曽我部恵一、矢野顕子、
増子直純(怒髪天)かな。

及川さんは実はそんなに期待していなかったのです(ごめんなさい)。
しかし、その持ち前のサービス精神で観客を巻き込んでいくパワーは
圧倒されるものがありました。そして、オモロい!(笑)
王子衣装でフランス式投げキッスを連投していましたw
エンターテイメント性はダントツだった気がします。

そして、佐藤タイジ&曽我部恵一はとにかくシビレました。
かっこえがった。曽我部さんのスローバラードもえがったし、
佐藤さんのギターええなぁ。かっこええなぁ。
やっぱギター習いたい!習いたいぞっ!!…と決意を新たにちまちた。

矢野さんは、いつも素敵だなぁと思うのは、
ちゃんと故人を追悼していること。
これ、出来そうで、なかなか出来ないんですよね。
いい意味で本当の大人なんだなぁと思います。
そして、パフォーマンスの素晴らしさは、
もう私ごときが何も言うことではありません。

そして、泣けたのは増子さん。
出演の流れがサム・ムーア→奥田さん(人気者!)→増子さん(しかもトリ)
ご本人曰く「ほとんどイジメに近い順番」(笑)
「御馳走の後のお口をスッキリさせるアメみたいな感じで聴いて下さい」(笑)
「だけど、清志郎への愛は負けません」
などなどと言いながら歌い出した「ダーリン・ミシン」

何が泣けたかというと、
好きな曲をプレイヤーで何度も何度も聴いてると、
まるごと覚えちゃうことってありません?

リズム、間、どこでどんな音が出て、
ヴォーカルが、どこで、どんなニュアンスで歌って、
フェイクっていうんですか?そんなものまでもすっかり覚えてしまう。
誰しもそんな曲があると思うんです。

増子さんは「PLEASE」の中の「ダーリン・ミシン」を
ほぼ完璧に近い形で再現してくれました。
10代の頃、何度も何度も聴いたアルバム。
愛を感じました。

去年は本人の不在に虚しさが募り、行かなかったのですが、
今年は、そんなことどーだっていーじゃん。
祭りだっ!祭りっ!!
そんな感じで参加させて頂きましたw

[セットリスト]
1.ドカドカうるさいR&Rバンド /トータス松本
2.不思議 /トータス松本
3.トランジスタ・ラジオ /佐野元春
4.黒くぬれ! /ムッシュかまやつ&浜崎貴司
5.たとえばこんなラヴ・ソング /ムッシュかまやつ&浜崎貴司
6.お墓 /真心ブラザーズ
7.Johnny Blue /真心ブラザーズ
8.強烈ロマンス /及川光博
9.涙のプリンセス /及川光博
10.いい事ばかりはありゃしない/泉谷しげる
11.スローバラード /細美武士(the HIATUS)
12.デイ・ドリーム・ビリーバー/細美武士(the HIATUS)
13.日本の人 /細野晴臣+坂本龍一with青葉市子
14.多摩蘭坂 /ハナレグミ
15.サヨナラCOLOR /ハナレグミ
16.甲州街道はもう秋なのさ /佐藤タイジ&曽我部恵一
17.スローバラード /佐藤タイジ&曽我部恵一
18.セラピー /矢野顕子
19.恩赦 /矢野顕子
20.ひとつだけ /矢野顕子
21.Soul Man /サム・ムーア
22.That Lucky Old Sun /サム・ムーア
23.サラリーマン /奥田民生
24.あきれて物も言えない /奥田民生
25.ダーリン・ミシン /増子直純(怒髪天)
26.ブン・ブン・ブン /増子直純(怒髪天)
27.雨あがりの夜空に /出演者全員
(※佐野元春、細野晴臣、坂本龍一、矢野顕子、サム・ムーアは参加せず)

[忌野清志郎バンド]
小倉博和(ギター)、斎藤有太(キーボード)、TOKIE(ベース)、Dr.KyOn(キーボード)、
古田たかし(ドラム)、山本拓夫(サックス)、yukarie(サックス)

[忌野清志郎ダイナミック・ライブ映像!!]
1.僕の好きな先生/RCサクセション(73年11月7日、tvk『ヤングインパルス』より)
2.海辺のワインディングロード/RCサクセション(85年『SPADE ACE』より)
3.タイマーズのテーマ〜デイ・ドリーム・ビリーバー〜タイマーズのテーマ(エンディング)
/THE TIMERS(88年10月13日、フジテレビ『ヒットスタジオR&R』より)
4.孤独な詩人/忌野清志郎(06年1月27日、NHKホール『どんと紅白』より)
5.HB・2B・2H/忌野・泉谷・スパイスマーケット
(02年8月31日、日比谷野外音楽堂『最期の悪夢 Part1』より)
(セットリストは芸能ニュースラウンジより引用)

2013清志郎RRショーオム
おまけ 武道館北の丸休憩所ザ・フォレスト北の丸のオムライス。
美味しかったっす。

さらにおまけw
RCサクセションがまだ3人だったデビュー直後の
1972年から1973年にかけての貴重すぎるライブ音源集!
悲しいことばっかり(オフィシャル・ブートレグ) 悲しいことばっかり(オフィシャル・ブートレグ)
(2013/05/03)
RCサクセション

商品詳細を見る
|12:27| ライブ | comments(0) | - | posted by
| 1/1 |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.