TOP INFO PROFILE GALLERY CONTACT

福良 雀


Fukura Suzume
Illustrations Gallery
| CALENDAR | LATEST ENTRY | ARCHIVE | CATEGORY | COMMENT | PROFILE | OTHERS |
ポートフォリオ


★ポートフォリオ 【 portfolio 】
ポートフォリオとは、紙挟み、書類かばん、作品集、品揃え、資産構成、などの意味を持つ英単語。
原義は大判の紙挟みのことで、画家などが自分の過去の作品を挟んで作品集として使っていたことから、
現在では様々な分野で「自らの持つ様々な種類のものをひとまとめにして一覧できるようにしたもの」
というニュアンスの用語として用いられている。
一般の外来語としては、主に金融・投資分野において、様々な異なる種類の資産へ分散投資することや、
そのような異なる資産の種類や構成比率の組み合わせ、といった意味で用いられることが多い。
Web業界では、WebデザイナーやWeb制作会社が、過去に自らが手がけたWebサイトの一覧を
ポートフォリオ(サイト)と呼んでいる。
引用:IT用語辞典 e-Words(http://e-words.jp/)より

そろそろイラスト売込み用ファイルを作ろうと、
最近のファイル事情を調べる。

「ほほぅ、今はファイルとは呼ばず、ぽーとふぉりお、っちゅうのか。どれどれ。」

俄然興味が出て、関連本を何冊か図書館で借りて読む。
そして…その進化っぷりにビビる。

作品の収納方法は、バインダー派から始まり、ボックス派、
ハンドメイド派(手製本、和綴じ、蛇腹、お洒落な輪ゴムでとめたり、重箱風、レシート風…)などなど。
素材も、皮、和紙、布、段ボール、ラインストーンでデコなどなど。
製本を外注している人もいる(そんなお金無い(;∀;)。

要の作品の見せ方も、レイアウトやカテゴライズ、印刷が凝っていて、まるで一冊の雑誌のよう。
立体物もおかまいなしに平面にファイルしてたりして、ポートフォリオ自体が既にアート。

すぐに影響されてしまう私は、オサレなポートフォリオを目指し、
無謀にもその大海に乗り出すことになる。
…そして、気がつけば、ポートフォリオの海で溺れかけていた(笑)
ぐるぐる色んなアイデアを考えては、自分でダメ出し。
だんだん煮詰まっていく。

そして、溺れかけた私が掴んだ藁…、
ではなくて、出した結論。
それは、観てくれる人にとって見やすい、シンプルなファイルを作る、という浜辺に辿り着く(笑)

ポートフォリオは生き物。
色んな人に観てもらううちに、気付きがあり、変化し、成長して、
私独自のポートフォリオが出来ていくのだろう。
そんなことにも気付かないなんて、のめり込み易いバカは怖い(笑)

どんなポートフォリオになっていくのか。
それは、私自身の成長とリンクするものであって欲しい。

そして、どんな人に観てもらえるのか。どんな出会いがあるのか。
大変なこともありそうだけど、売込み苦手だけど(;∀;)、
それ以上に、とても楽しみなのです。
頑張ります!
|11:40| 仕事 | comments(0) | - | posted by 福良 雀
Fukura Suzume
| 1/1 |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.