TOP INFO PROFILE GALLERY CONTACT

福良 雀


Fukura Suzume
Illustrations Gallery
| CALENDAR | LATEST ENTRY | ARCHIVE | CATEGORY | COMMENT | PROFILE | OTHERS |
有元利夫 〜未完の完〜
私にとってのピエロ デラ フランチェスカ1
 有元利夫「私にとってのピエロ デラ フランチェスカ」より

有元利夫を知ったのは、いつだったか。
彼は1985年に肝臓がんにより、38歳の若さで亡くなっている。
知ったのは、その少し前、宮本輝氏の著作の装丁でだったと記憶する。
目にした人は多いだろう。

彼の絵を観たのは覚えている。衝撃的だったのだ。
亡くなった翌年に回顧展があり、姉と一緒に行った。

回顧展では、芸大買い取りになったという卒業制作、
「私にとってのピエロ デラ フランチェスカ」が展示されていた。
10点に及ぶ連作に、私は一気に魅了されてしまった。

その理由を言葉で表現するのは、なかなか難しい。
30年近くも前のことだし。
でも、その時のなんとも言えない感覚だけは覚えている。

「私にとってのピエロ デラ フランチェスカ」はとても不思議な連作で、
ストーリーがあるようで無い。
彼が敬愛するイタリアスネッサンス初期やフレスコ画の影響は感じられる。
しかし、ところどころ塗り残しのような箇所があったり、
描かれている人物の身体や事物が透けていたり。
手などは、殆ど描かれていない。
未完成なのではないか、という絵なのである。

ただ、観ているうちに、未完成だと思われる部分が、
完璧に思えてくる。
「これ以上はダメでしょう。」という絶妙なタイミングで
筆を止めていることに気づく。

未完成というか、欠落している美術品の魅力というものがある。
例えば、ミロのヴィーナスの腕が無いことが神秘性を高めるというようなこと。
アンバランスな危さは、意図的であるにせよ無いにせよ、
他者の介在を要求し、惹き付ける。

しかし、有元さんの作品は、それとも違う。
欠けた部分に他者を引っ張るのではなくて、
他者の欠落に呼応し、共有してくれる。
完全なものなど無い、この世の中で、
欠落を補うことを他者に強要しない。
描かない感受性、完全を避ける感覚に癒された。

どちらかというと観る者を突き放す。
全ての存在を有るものとして、そのまま受け入れる、
下手におもねったり、分かった振りをしない。
そして、最後に寄り添ってくれる。

たぶん、私が当時感じたものは、愛なんでしょう。大袈裟かな。

その後、有元さんの影響でピエロ デラ フランチェスカに興味を持ち、
数年後、イタリア、フィレンツェ郊外の町アレッツォやモンテアルキまで 
フランチェスカの絵を観にいくことになるのだが、その話はまた今度。

ただ、ピエロ デラ フランチェスカの絵を観て感じたことは、
当時の教会の壁画や祭壇画は、アートというよりも文盲の信者に対する
説明的な要素が多分にあったのだということ。
チマブーエやジョット、フランチェスカはそこにリアリズムという要素を入れ、
それが、人間讃歌のイタリアルネッサンスへと繋がっていく。
時代の間に生まれた、アートという顕示の無い絵の清々しさと素朴さ。
そして、その力強さと暖かさは、
欠落しつつ堂々と存在するのだという有元利夫の朗らかさに通ずるものがあった。
ああ、これが「有元利夫にとってのピエロ デラ フランチェスカ」なんだな。
と感じた。

回顧展の時、姉がしてくれた話を忘れることができない。
『こんな絵を描いてたら死んじゃうよ、と生前に言われてたんだよね。
そしたら本当に亡くなっちゃった。』
|18:35| アート | comments(0) | - | posted by
ヘンリー・ダーガー 非現実を生きる/著:小出由紀子
ヘンリー・ダーガー 非現実を生きる (コロナ・ブックス)ヘンリー・ダーガー 非現実を生きる (コロナ・ブックス)
(2013/12/16)
小出由紀子

商品詳細を見る

この本は、ダーガーにまつわる、いくつかのキーワードを挙げて、
謎のアーティスト、ヘンリー・ダーガーの生涯に迫るというものだ。

以前このブログでも取り上げた、ジョン・M. マグレガーの
『ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で』の翻訳者、
小出 由紀子さんの著述で去年2013年の12月に刊行されたもの。

マグレガーの『ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で』は高価な大型本で、
なかなか手が出ないが、こちらなら値段も手頃だし、
ヘンリー・ダーガーの入門書として適しているように思う。

前回、ヘンリー・ダーガーについて書いた時は、
書店での立ち読み程度の知識で、それでも強く惹かれて書いたのだが、
今回は図書館で、小出さんの著書を借りられたので、
ちょっと踏み込んで彼のことを知ることができたかな。
何故かとても気になる人なのだ。

下記がダーガーの簡単な年譜と人となりだ。

1892年シカゴで生まれる。
4歳になる直前、出産の際の感染症で母を亡くし、足の不自由な父に育てられる。
   その時生まれた妹は里子に出される。
   頭が良く、小学校を1年から3年に飛び級している。
8歳、 父が体調を崩し、ダーガーの養育が困難になった為、
   カトリックの少年施設 、慈悲深き聖母の伝導団
   (この施設は子供の不審死など、よくない噂があった)に預けられ、
   公立のスキナー小学校に転校。
   奇行が目立ち始め、「クレイジー」とあだ名される。
12歳、感情障害の兆候が現れたという理由で、
   イリノイ州リンカーン精神薄弱児施設に移される。
16歳、父、死去。
17歳、施設を脱走し、260kmを歩いてシカゴに戻る。
19歳、絵物語『非現実の王国で』執筆開始。
   その制作は生涯にわたって続けられたが、生前、発表されることは無かった。
17歳〜55歳、地元の聖ジョセフ病院の清掃の仕事に従事。
55歳〜71歳、同じカトリック系のアレクシアン・ブラザーズ病院で
   野菜の皮むきや軽作業で生計を立てる。
1973年、81歳、死去。
死後、アパートの部屋から1万5145ページにも渡る膨大な物語『非現実の王国で』と
300余点の挿絵が発見される。

生前の彼を知る人は、みすぼらしい身なりの不機嫌な老人というのみの印象で、
近所の教会に足繁く通う姿やごみを漁る姿が記憶されている。
家族とは縁が薄く、友人と呼べる人も殆どいなかった。
孤独な一生、と言ってもいいかもしれない。

ダーガーを思う時、必ず表現するということについて考えさせられる。
絵、文章、詩、音楽、舞台など、およそ表現活動と名がつくものは、
それを受け止めてくれる観賞者や観客に届いてこそだと思う。
しかし、受け手を想定する表現活動の一方で、
自分の為に作品を創り続ける人もいる。
両者は複雑に絡み合って明確に分けることはできない。
おそらく、殆どの表現者が、その間(はざま)にいて、
時には苦悩したりしているのだろう。

ヘンリー・ダーガーの場合はどうだったのだろうか。
ダーガーが亡くなる直前、病気で救貧院に移る際、
アパートの大家ネイサン・ラーナーに持ち物の処分を問われたダーガーは
「Throw away(捨ててくれ)」と答えたという。

死後、ダーガーの部屋の整理をしていたラーナーは、
残された作品、物語『非現実の王国で』と挿絵を発見して驚嘆する。
そして、アーティストとしての活動もしていたラーナーは、
そのままダーガーの部屋を保存し、その作品を世に問い続けることになる。
もし、アートに興味の無い大家だったら、
ダーガーの願い通り、捨てられていたのかもしれない。
ぞっとする。

「Throw away(捨ててくれ)」と言ったダーガーの境地は、
とても私などには分かるものではないが、
それでも感じるのは、彼にとって、物語を紡ぐこと、絵を描くことは、
生きること、そのものだったのではないかということだ。
彼の死と共に、それらも消え去るものであり、
他者の目に触れたり、評価されたりということは、
ダーガーにとって意味の無いことだったのかもしれない。

そして、欠落したものを補うように人が生きるとすれば、
孤独なダーガーの家族や友人、それは信仰だったように思う。
日々、神と対話をして暮らしていたのだろう。
ままならない現実に神を罵倒する時もあったらしいが、すぐに懺悔する。
喧嘩したり、仲直りしたり、実際の家族や友人もそんなものだろう。
生涯に渡る膨大な神との対話のツールとして物語があり、
その執筆は一種の祈り、そして、支えのようなものだったのではないだろうか。
このライフワーク自体が、彼にとっての家族、友人だったようにも思える。

と、ここまで書いて、私はヘンリー・ダーガーについて、
理想を持ち過ぎていることに気づいた。
彼に理想的な芸術家の姿を見過ぎている、というか押し付けている(笑)
彼にも世俗的な野心があったかもしれないし、
世に認められて、楽に暮らすことを望んでいたかもしれない。
しかし、彼はそのことについては何も語らず、
いや、語れずに、この世からいなくなってしまった。
それがとてもとても残念だ。

小さい頃、降る雪をずっと見続け、
雪が止んでしまったといって泣いていたダーガー。

ネイサン・ラーナーはダーガーを思う時、
いつも謙虚な気持ちになると言っている。
私もそうだ。
だから、私は彼に魅かれるのかもしれない。

ヘンリー・ダーガーの映画もあるらしい。
観たら、また感想を書きます。
しつこいw

ヘンリー・タ?ーカ?ー
             ヘンリー・ダーガー
|16:06| アート | comments(0) | - | posted by
コレジャナイロボ
コレジャナイロボ
コレジャナイロボ
(2005/12/20)メディコム・トイ
商品詳細を見る

コレジャナイロボをご存知でしょうか。
有限会社ザリガニワークスの太郎商店レーベルが開発し、
2001年11月10日に発売した木製のロボット型玩具。
商品コンセプトは、

『「欲しかったのはこれじゃなーい!!」
 プレゼントを開けた子供から発せられる悲痛な叫び。
 楽しいはずのクリスマスが突如、修羅場に。
 こんな経験ありますか?
 できれば避けたいものです。
 しかし人生、欲しい物が何のリスクもなしに手に入るなんて話はそうはありません。
 欲しい物を手に入れる為には努力も必要だという事を
 何らかの機会に知っておくのも良いでしょう。
 「コレジャナイロボ」はその絶妙な偽物感、カッコ悪さにより、
 その事をお子さまにトラウマ級の効果をもってお伝えする事でしょう。
 情操教育玩具として是非お試しください。』
『コレジャナイロボ公式サイト』より引用)

ということだそうですw

私は、今の少年が欲しがる玩具に全く疎いのですが、
ちょっと調べてみると、こんな感じが人気だそうです。
            ↓
獣電戦隊キョウリュウジャー カミナリ変形 DXプテライデンオー
獣電戦隊キョウリュウジャー カミナリ変形 DXプテライデンオー
(2013/04/20)バンダイ
商品詳細を見る

現代のお父さん、お母さんは、万事にそつが無いし、
情報量も昔に比べて半端無く多いので、まさか
獣電戦隊キョウリュウジャー カミナリ変形 DXプテライデンオーを欲しがる子供に
手作りロボットを贈ってしまうなどという悲惨…、
いや大きな勘違いをする方は少ないと思いますが、
昔のお父さん、お母さんは、結構このパターンあったのではないでしょうか。
あんたの昔っていつだよ、と突っ込まれると、答えたくない、お年頃の私ですが、
まあ、昭和ですね。

コレジャナイロボを見る度に思い出すのが、ある風景。
実は、私も被害…、いや経験者。

私の子供の頃の少女の憧れといえば、リカちゃん人形。
私も例に漏れず、欲しくてたまりませんでした。
しかし、ある日、父親が買ってきたのは、…なんというか、こんな感じ。
                           ↓
昭和のフランス人形
(Photo : JET ANTIQUEさんのサイトから転載)

…いわゆる昭和のフランス人形というのでしょうか。
さすがに手作りではないですが。
私の子供の頃は、この手の人形は、一般家庭の箪笥やテレビなどの上に
お土産の郷土玩具などと共に、ケースに入って、もれなく飾られていたりして、
あまり魅力のあるものではなかったのです。
友達と、お人形さんごっこ(死語?)もできないし。

ウルトラがっかりし、
「これじゃな〜いっ!!」と
心の中で思いきり叫んだのは
言うまでもありません。

確か小学校に入る前でしたが、その時の映像は今でも脳裏に蘇えります。
「……ありがとう。」と言ったことも(我ながらけなげだw)。
やはり、しっかりトラウマになってますね(笑)

今、改めて見てみると、アンティーク感がなんとも可愛い。
郷土玩具も今は大好きですが、昭和の子供には分かりませんw

ちなみにコレジャナイロボは大人の為の玩具です。
対象年齢15歳以上。冗談の分かる年齢になってから。
本当の子供にあげたらダメなんじゃないかと…。

追記:リカちゃんも後に、ちゃんと買って貰いました。
コチラ、レディリカちゃん。ファッションに注目!!
 ↓
レディリカ
|01:57| アート | comments(0) | - | posted by
即興舞人 Vol.1
即興舞人 Vol.1

点滅プロデュース
『即興舞人 Vol.1』

[即興舞人(そっきょうぶじん)]
音楽家の生演奏を交えた
舞踏家二人による即興公演

出演/点滅(舞踏)・長岡ゆり(舞踏)・高橋祐子(音楽)

舞台監督・照明/正朔 制作/松好那名 企画/点滅

2012年12月3日(月)P.M.7:30
会場/ PerformingGallery&Cafe絵空箱 

----------------------------------------------------

舞踏というものを初めて間近で観た。
そこは私にとって何とも心地のいい空間だった。

初めての場所だったにも関わらず、
子供の頃から自分がそこに居るような気がした。

オープニングで持ってかれたんだと思う。

暗闇に白い塊が浮かび上がる。
二人の人間のようだが、複雑に絡み合って、
もはやどうなってるのか分からない(笑)

その中で細く白い指が何かをまさぐるようにうごめく。

ああ、美しい。

脈打つ指は血管のように思え、塊は心臓にも見える。

やがて、心臓は鼓動を始め、細胞分裂のように静かにほぐれてゆく。
何かが生まれた気配。
この時に私も勝手に生まれた気になってしまった(笑)

生まれたばかりの私は、
その後は点滅さんと長岡さんのパフォーマンスの中で、
子供のように無防備にたゆたうこととなった。

舞踏とは、そういうことが可能なんだろうな、と思う。

舞踏に対する経験値が浅いので、難しいことは分からないが、
他のダンスや舞踊がそのエネルギーを外に放出し、観るものを圧倒していくのに対し、
舞踏は、エネルギーを内向させ、精神の深いところに観る者を引き寄せ、
取り込んでいく。そんな感じがした。

それって、もの凄〜く大変なことなのではないだろうか。
身体だけではなく、精神的にもかなりな消耗度なのではないか。

今回のパフオーマンスは、点滅さんと長岡さんの肉体表現の美しさはもちろん、
お二人の懐の深さ、そして何よりも人間としての優しさを堪能させて頂いた。
だからこそ、私は安心して、子供のようにあの場所に居られたんだと思う。

そして、音楽もまた素晴らしかった。
高橋さんは実は私の友人なのだが、
「ああ、凄い人だったんだ」と改めて思った(笑)

今回は、即興ということで、
点滅さんと長岡さんの、あのパフォーマンスに音を寄り添わせていくことが、
どんなに大変なことか、アホな私でも想像できる。

しかし、そんな大変さを感じさせないクオリティ、プロの仕事だった。
あの空間にもともと隠れていた音が、
点滅さんと長岡さんのパフォーマンスの振動でポロリとこぼれ落ちていく。
そんな自然さだった。まさに三位一体でした。

最後に、今回の舞台のテーマについて。
何を感じるかは人それぞれ。
私は「孤独」がテーマなのかなと思った。
人は生まれてから死ぬまで、結局は独りなのだ、という人がいる。
実は私もそう思う。
でも、だからこそ寄り添いあう人のいることの有り難さが身に染みる。
人の温もりが人生の彩りとなる。

私は今回の舞台で、生まれて、
その温もりや彩りの追体験をさせて頂いたのかな、と思う。
穏やかで優しい時間をありがとうございました。
|13:51| アート | comments(2) | - | posted by
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で
子供を奴隷として虐待する邪悪な大人の男たちの組織グランデリニアに対し、
七人の少女戦士ヴィヴィアン・ガールズが立ち向かう死闘の物語。


ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で
(2000/05) ジョン・M. マグレガー
商品詳細を見る

ヘンリー・ダーガーの絵を最初に見たのは、
近所の書店で立ち読みした『パッション・アンド・アクション―アール・ブリュット』
というアール・ブリュットのアーティスト達の作品集でだったと思う。

パッション・アンド・アクション―アール・ブリュットパッション・アンド・アクション―アール・ブリュット
(2008/10/25)
小出 由紀子

商品詳細を見る

「アール・ブリュット(仏:Art Brut「生の芸術」)」とは
1949年にフランス人画家・ジャン・デュビュッフェが提唱したもので、
英語で「アウトサイダー・アート(英: outsider art)」ともいう。
その解釈は様々だが、おおざっぱに言ってしまうと、

「芸術的訓練や知識に汚されておらず、
 古典や流行のパターンを借りない、
 創造の源泉からほとばしる真に自発的な表現」

というものらしく、

「子どもや、正式な美術教育を受けずに、発表する当てもないまま、
 独自に作品を制作し続けている者などの芸術も含む」らしい。

このアール・ブリュットの作品集の中で、
ヘンリー・ダーガーは、やはり異彩を放っていたように思う。

単純に、いいなと思った。
水彩絵の具の透明な色、子供が描いたような線。

「こんな絵が描きたいな」とも思った。

無邪気だけど毒のあるPOPさ。
最近の流行のようにも思え、
その時アール・ブリュットの意味を知らなかった私は、
勝手に若いアーティストだと思い込んだ。

そして、次にこの『非現実の王国で』をやはり立ち読みで手に取り、
その認識が間違っていたことを知る。

ダーガーは1892年シカゴで生まれた。孤独の中で一生を終えた人。
その生い立ちや人生は色々なところで紹介されているので省くが、
本当に孤独(涙)

この『非現実の王国で』は、ダーガー19歳から、
亡くなる半年前に老人ホームに収容されるまでの約60年もの間、執筆が続けられた。
しかし、その間どこにも発表されることはなかった。
ダーガーが住んでいたアパートの家主であり、芸術家でもあるネイサン・ラーナーが
ダーガーの持ち物を整理するために部屋を訪れた時、ようやく、この物語は発見された。
それは、数百枚の挿絵と1万5,000ページ以上におよぶテキストだった。

私が毒と感じていたものは、意図的なあざとさではなく、
イノセントな魂の発露、叫びに近いようなものだったのか。

一方、このPOPさは何だろう。
彼は広告の写真を引用し、カーボン紙を使ってトレースしたりしていたらしい。
しかし、そんな説明では収まりきれない、
大いに意図的な彼の芸術的感性の鋭さを私は感じてしまう。

そして、彼は60年の間、何を考えながら一人制作を続けていたのだろうか。
誰に見せる訳でもなく。
彼亡き今、それは永遠の謎なのかな。

過去に何回か日本で展覧会が開催されたそうだ。是非またやってほしい。
|18:28| アート | comments(0) | - | posted by
| 1/1 |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.