TOP INFO PROFILE GALLERY CONTACT

福良 雀


Fukura Suzume
Illustrations Gallery
| CALENDAR | LATEST ENTRY | ARCHIVE | CATEGORY | COMMENT | PROFILE | OTHERS |
2012紅葉狩りリポート
 帰路
本当は「紅葉を観に行こうよう
というタイトルにするつもりだったんだけど、
ブログアップのタイミングが大幅に遅れ、このタイトルに…。
無念。

はいはい、行ってきましたよ、高尾山紅葉狩り。11月19日。
ミシュランに高尾山が掲載される前からの我が家の恒例行事です。

それにしても、ミシュラン効果は凄い。
ロープウェー、ケーブルカーの長蛇の列。勘弁しちくり。

ということで、乗り物関係は諦め、ふもとから登ることに。
低山とはいえ、やはり山。覚悟がいります。

その前に一号路入口横の十月桜にご挨拶。
今年もけなげに咲いてます。かわゆす。
 十月さくら

あいにくの曇り空。今年一番の寒さ(11月19日時点)だという。
でも、登っているうちに汗をかき、上着を一枚二枚と脱ぎ始める。
微調整できるように、薄手のものを重ね着してきているのだ。
足だけで登ろうとすると疲れるので、手を振って全身で登る。

そして、ケーブルカー高尾山駅前到着。
山頂に至る前のちょっとした休憩エリア。
ここは晴れていれば新宿の高層ビル街も見渡せる展望スポット。

曇天で遠くは霞んでいるが、やはり見晴らしは良く、とても気持ちいい。
う〜ん、やはり山はいいなぁ。山は素晴らしい!空気が美味しい!!
……
でもっ、でもっ、天狗焼きも美味しい(笑)

っと、ここで堂々登場、天狗焼き。
このエリアにある香住というお茶屋さんの銘菓。
天狗焼き 天狗焼き店頭

…実は、ふもとから頭は天狗焼きで一杯だった。
天狗焼きの為にここまで来た!…と言っても過言ではない。
相方も何も言わないが、たぶん考えていることは同じだろう。

焼きたてをその場で熱々のうちに食べる。
皮の表面はさくさく中はもちもち。甘さ控えめの黒豆餡が、ほんと美味。

それなのに、あ〜それなのに、ここも凄い行列。
以前はすぐに買えたのに、この日は30〜40分待ち。

私はともかく、相方は、並んでまで食べるか!な人。
でも、もう二人とも全身天狗焼きと化しているので、
何の迷いも無く行列最後尾へ。ええ、美味しいんです。

香住といえば三福だんご(味噌をぬって焼いた香ばしいおだんご)も美味しい。
しかし、こちらも行列。ミシュランさん、恨みます。

そして、隣接する香住売店のTシャツをチェック。
『出没!アド街ック天国』によると、73歳の高橋清八さんと野口晋司さんが
デザインからプリントまで手作りしているという。
(高尾山のアイドル、むささびがモチーフヾ(´∀`*)ノ)
 高尾山Tシャツ

…見ているうちにデザインを夢中で選び始める。が、はっ!と我に返り、
売店を後にする。

休憩を終え、再び山頂へと向かう。
途中たこ杉と呼ばれている木がある。(写真が無くてごめんなさい)
柵に囲まれ、横にこのようなオブジェが。
  引っ張りだこ

昔は柵もオブジェも無かった。
とりあえず、ひっぱり蛸の頭をさすさすして、先に進む。

オブジェと言えば、今年はこんなものも登場した。
  六身体

とりあえず、くるくるして、前に進む。

そして、とうとう、山頂。
晴れていれば、富士山が見える。が、今年は残念ながら見えない。
写真は去年の富士。
富士

そして、頂上で食べる大見晴亭のビール&とろろそば。
  とろろそば

たまりましぇん。
なんか、食い気だけで山に登ってるんじゃないの?と思った、
そこのあなたっ!あなたは間違ってません(笑)

今回驚いたのはこれ↓
高尾山トイレ1 高尾山トイレ2

見てお分かりの通り、トイレなんですが、なんと二階建て。
去年までは、BOX型の簡易トイレがぽこぽこと並んでいただけなのですが、
いつのまにか、こんな立派なトイレが。
これもミシュラン効果でしょうか。いいこともあるなぁ。
今まで文句ばかり言ってごめんなさい(笑)

そして、帰りは4号路から吊り橋を通って。
4号路吊り橋

お土産の子持ち鮎の甘露煮 
鮎の甘露煮

おまけ
猿注意の看板 虹 
|14:37| 旅/散歩 | comments(0) | - | posted by
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.