TOP GALLERY CROCKY

福良 雀


Fukura Suzume
Illustrations Gallery
| CALENDAR | LATEST ENTRY | ARCHIVE | CATEGORY | COMMENT | PROFILE | OTHERS |
口づけするよ、ヨカナーン。/オーブリー・ビアズリー
サロメ表紙
パラフィン紙の岩波文庫(・∀・`)

サロメ
ワイルド作『サロメ』岩波文庫/目次扉

ヨカナーンとは、キリストに洗礼を授けたヨハネのこと。
タイトルは、オスカー・ワイルドの戯曲『サロメ』の一節。
ヨハネに魅入られたサロメが、その想いを拒絶されながらも叫ぶ台詞。
最後は父であるユダヤの王ヘロデに、「7枚のヴェールの踊り」を舞った褒美として
どうしても自分のものにならないヨハネの首を所望する。

サロメと言えば、ファム・ファタール、悪女のイメージだが、
それは、この戯曲の影響らしい。

モトネタは新約聖書。
ヨハネの首を求めたのはサロメの母であり、ヘロデ王の妻であるヘロディア。
彼女の前夫はヘロデ王の弟。
そのことをヨハネが批判したことで彼を恨み、
娘をつかって殺させた、ということらしい。
また、別の文献では、ヨハネの民衆への影響力を恐れたヘロデ王が殺したとも。

よって、サロメは無罪潔白なのだが、
「魅惑的な舞を踊る無垢な少女が、平然と聖人の首を求める。」
このモチーフは、19世紀末芸術にとって、非常に魅惑的なものだったのだろう。

絵画の世界では、ギュスターヴ・モローも多くのサロメ作品を残しているが、
私にとってのサロメは、もう、なんといってもオーブリー・ビアズリー。
1894年出版のオスカー・ワイルド『サロメ』英語版の挿絵を描いている。
何度観ても、その天才的な想像力と造形力に衝撃が走り、
自分の平凡さを嘆くことになる(笑)
まあ、当たり前か。
頑張ろうっと(´・∀・`)
|19:48| | comments(0) | - | posted by
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.