TOP INFO PROFILE GALLERY CONTACT

福良 雀


Fukura Suzume
Illustrations Gallery
| CALENDAR | LATEST ENTRY | ARCHIVE | CATEGORY | COMMENT | PROFILE | OTHERS |
『存在の重み』神谷美恵子 著
存在の重み 表紙 存在の重み 中

確か高校の課題図書だった気がします。
転居する度に、しっかと胸に、手放さない本達の中の一冊です。

今、頁を繰ると、
十代の私が引いた線や『』があちこちに有ります。
なんで、この言葉に線を引いたのだろう。
なんて考えて読み進めると、とても楽しい。
あの頃の私から、手紙をもらっているようです。

神谷美恵子氏は、精神科医としてハンセン病治療に関わり、
人の生き方について生涯をかけて考えた方。
憧れと尊敬とで、雲の上の存在、
雲の上の人過ぎて、影響を受けたなんていうのもはばかられる、
けれど、もの凄く優しく地上に降りて来てくれる人、
そんな感じがします。

この著書の内容はエッセイ集で、神谷氏のご両親と親交のあった新渡戸稲造氏についてや、
精神医学への導き手となった島崎敏樹との出会いなどが語られています。
新渡戸氏が述べた言葉に「Doing(行為業績)よりもBeing(人格形成)のほうが大切だ」
(神谷美恵子著 著作集6:「存在の重み」エッセイ集2 p18)
というものがあるそうです。
人として何を成したかよりも、そのあり様の方が大事だというのです。
当時の私は、その逆だと考えていたので、
自分の中で小さな革命が起きた思いがしました。

神谷氏は「先生が何も仰言らなくとも、先生がそこに存在するだけで、まわりにそいうもの、
いきいきしたもの、あたたかいものがあふれ出るような感じがいつもしたわけなのです。」
(神谷美恵子著 著作集6:「存在の重み」エッセイ集2 p16)
と、新渡戸稲造氏について語っています。

憧れましたね。そういう人になりたいなぁ、なんて大それたことを考えたりして。
若気の至りってやつですね。
今は、はっきり言えます。絶対無理っ!(笑)
でも、まあ頑張って生きていこうと思います。

話は変わり、先日5/10は母の日でしたね。
私がもう一冊持っている神谷氏の著書『こころの旅』に、
母と子の関係について書かれている一節に目が止まりました。
母と子の関係の最終形として、あくまで一つの理想として語られている一文です。

「下降をはじめた親の生活曲線と青年のそれはいわば交差して、やがて立場が逆転してくる。
ことに青年は母親に対して保護者のようにふるまいはじめるのが自然のなりゆきのようだ。
ここにゆとりとユーモアが介在すれば、母子はよき友として、
乳児期に始まった人格的な出会いを完成することができるかもしれない。」
(神谷美恵子著 著作集3:「こころの旅」 p115)

残念ながら、私は母が脳梗塞で倒れ、脳血管性認知症を患うまで、
上述のような関係は築けませんでした。
しかし、今また新たな母との関係性が生まれているような気がします。
将来の私への手紙として、この一文に線を引こうと思います。
|18:53| | comments(0) | - | posted by 福良 雀
Fukura Suzume
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.