TOP INFO PROFILE GALLERY CONTACT

福良 雀


Fukura Suzume
Illustrations Gallery
| CALENDAR | LATEST ENTRY | ARCHIVE | CATEGORY | COMMENT | PROFILE | OTHERS |
生誕300年記念『若冲展』@東京都美術館
 若冲図録表紙

 鳥獣花木図屏風 (十八世紀)

去年、サントリー美術館の「若冲と蕪村」展に行き、
若冲の眼力と画力に魅せられて以来、楽しみにしていた展覧会。

…凄かった。いや、絵はもちろんなんだけど、待ち時間が。
なんと、チケット買うのに30分、展覧会場に入るまでが4時間!!!
若冲ってこんなに認知されてたっけ?!
もちろん人気の絵師だけど、老若男女から愛されるポピュラーさってあったっけ?
どちらかというと異端・異形の画家というイメージが強い。

…まあ、いいや、頑張ろう。 誘った友達に若干の申し訳なさを感じつつ。
途中、比較的行列の短いカラバッジョ展や、
「茶ぁしばいて、けえろうけえろう」という心の声にもめげず、
グミやグラノーラを食べつつ、友達と美術展あるあるを挙げ合ったり、
ミュージシャンしりとりをしつつ、なんとか並び抜きました。
はい、並んだ甲斐がありました。怒濤の若冲ワールド。
会場に入れても、人の多さにしっかりと観賞するのには骨が折れましたが、
もう、すがりつくように観ましたよ。

『鳥獣花木図屏風』、間近で観ることができました。
時代を超えてますね、完全に。 昨日描かれたと言われても全く不思議ではない、斬新な造形感覚。
モザイクとかタイルとか言われてますが、ドットですよ、ドット。
ドットチャンネルですよ。
我が家では、自分達凡人の理解の及ばぬものに出会った時、
「宇宙人の仕業だね。」ということで、旦那と二人で納得することにしています。
宇宙人です。
タイムトラベルして、デジタル社会を体験した人が描いたとした思えない。
タイムトラベラー?

もちろん、それだけではない。 去年サントリー美術館で感動した、洞察力と眼力。
視るということへの飽くなき欲求と才能。
まさに鬼才です。

感動して、ずっと観ていたかったけど(こういう輩が長蛇の列を形成する一因なんですね。
はい、ごめんなさい。)後ろ髪を引かれながら、その場を去りました。
それにしても、2016年4月22日(金)〜5月24日(火)、会期短いよー、なんで?
だから並んじゃうんだよー(泣)
|16:49| 展覧会 | comments(0) | - | posted by 福良 雀
Fukura Suzume
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.